楽しみ、楽しませ、ほんのちょっと楽になる

恋に効く、仏教 Vol.20

恋に効く、仏教 Vol.20 第二十話
とにかくフラれてみる

2016.09.14

このコラムを書き始めて、皆さまの支えもあり、いつの間にか20話となりました。
ありがとうございます。
今後も無理のない中で、頑張って続けていこうと思います。
 
書くことはさほど苦ではないのですが、
何を書くか考えるのはなかなか辛いものがあります。
 
自分の浅さを再確認でき、さらに勉強・修行を積まなければと思い知らされた事が一番の収穫です。
 
さて、
 
吉縁会も、今回の新規会員登録で、会員数も7000名となりました。
秋よりは大分でも開催予定です。
発足より間もなく7年。
成婚者も間もなく100組。
本当にありがたいことだと思っております。
 
7年前より人様の恋愛について人より多く関わる中で、特に最近強く感じるのは
 
チャレンジしない
 
という傾向です。
 
すぐに諦めてしまう。
 
その様な方が増えている気がします。
 
先日、お寺の行事である若い子と話していると、
今まで女性と付き合った経験がない
という事。
聞けば、
数回は女性に告白したことはあるが、うまくいかなかった。
という事です。
 
最近よく耳にする話です。
 
様々な場面でこの手の話を男女双方から聞きます。
 
そんな時に僕が言うのは、
 
『まずは100回フラれてから考えよう』
 
という無茶な言葉です。
 
非常に無茶苦茶な提案のようですが、
多くの独身者と出会っていくうちに感じた今の僕の想いです。
 
芸能人のような容姿があったり、特技があれば、黙っていても異性は集まってきますし、
大した事をしなくても、告白すれば上手くいく事も多いでしょう。
 
ただ、僕含め多くの方は、そんなスペシャルな容姿ではないし、特殊能力もありません。
 
そんな僕らが異性と心を通わせる為には
経験しかありません。
 
30歳で3回告白したことあるけど上手くいかない。
 
当たり前です。10年に1回しかチャレンジしていないのですから。
 
別に成功しなくていいから
チャレンジしてみるのです。
 
フラれる前提でいいのです。
 
とにかく繰り返すのです。
 
その内に、様々な経験値が貯まり
 
100回ダメでも101回目に生きてくるかもしれません。
 
101回目のプロポーズもまさにその様な話だったような。
 
告白して断られるのは辛い。
と言うかもしれません。
 
当たり前です。辛いのは。
でも、
第4話でも書いたように、どうせ人生は苦しみだらけですし、苦しいのはその瞬間だけです。
 
苦しみを避けて避けてと隙間を縫って進んでいく道の方が実は苦しいのです。
 
フラれる前提で告白すればいいのです。
そうすればさほど辛くないかもしれませんし。
 
100回も好きな人できない。
というかもしれませんが、
 
食事に誘うでもいいのです。
それも1回に入れていいと思います。
 
好きでなくてもいいのです。
人を好きになるというのが、運命的に突然来る事ばかりではありません。
 
二人になり、意識して相手の良いところを見ていると、いつの間にか恋の感情になる事も多くあるのです。
 
 
結婚できない方に、
多くの方は
今年中に彼氏を作れ!
と言いますが、
 
その様な思いだと一発必中の様なチャレンジとなります。
 
100回フラれてみよう。
 
どんどんフラれていこう。と思えば気が楽なものです。
 
チャレンジした相手と、恋人になれずとも、そのチャレンジで様々縁が広がり、
人生を良い道にする友となるかもしれませんし、何かの教えをいただけるかもしれません。
 
 
この前の吉縁会の会員登録会で、
僕に100回フラれろ。
年内に5人にフラれるという目標を一緒にたてた子が、
登録に来てくれました。
 
まずは、チャレンジに舵を切ってくれたことに、すごく嬉しかったです。
全力で応援したいと思っています。
 
 
何歳までに結婚する
今年中に彼氏・彼女を作る
 
そんな目標は非常に大変で一歩を踏み出しづらくするものです。
 
今年中に5人にフラれよう。
 
そんな目標で進めば、
フラれてもその経験を、次フラれる時に生かせるのです。
 
断られ断られ
はじめて相手の気持ちに合わせる事を覚えていくのです。
 
わがままに暮らし、人と関わらず人の気持ちを想像しなくても暮らせる日々。
 
フラれ、断られ
していくうちに、
 
ストレッチで徐々に体が柔らかくなるように
 
相手の心に自分を合わせる事ができる自分が出てくるのです。
 
さぁ苦しもう。
いっぱいフラれよう。
 
絶対何かが変わります。

Writer Profile

木宮 行志
木宮 行志Koushi Kimiya

お寺婚活「吉縁会」事務局長 / 龍雲寺副住職

浜松市の龍雲寺に入寺後、小学生100名のサマースクールや、世界の子どもにワクチンを送る万灯会など、社会貢献活動を行う。

2010年より、静岡県西部で費用をかけず、安心した出会いの場を提供しようとお寺での婚活「吉縁会」を地元の若手僧侶とはじめる。2015年からは東京、2016年からは名古屋・岐阜・大分・仙台でも開催。現在、会員は10,500名。成婚は260名以上と大きな成果を上げる。僧侶という立場で、独身世代と向き合い、多くの縁結びをお手伝いする。

永代供養・樹木葬・坐禅会紹介『龍雲寺』
寺コン・お寺婚活『吉縁会』

Back Number

その他のバックナンバー

ページトップ