楽しみ、楽しませ、ほんのちょっと楽になる

恋に効く、仏教 Vol.13

恋に効く、仏教 Vol.13 第十三話
割り勘男の良い所

2016.04.07

先日テレビである番組を観ていたら、
「すごく大好きだった男性と交際が始まり、
初めてのデートで、
支払いの時、割り勘だった・・・・・・」
 
という事で、
 
「急に冷めちゃって・・・・・・」
 
でお別れしました。
 
というエピソードが放送されていて、
スタジオの出演者も
「これはないわぁ」
という反応で、その番組のコーナーが終了しました。
 
割り勘男、えらい嫌われ様です。
 
かわいそうに。。。。
 
 
さてさて、
 
お寺には様々な人が訪ねてこられますが、
なかには、人生を思い悩み
お寺に駆け込んでくる人もいます。
 
まさに駆け込み寺なのですが、
 
自殺したいとロープ持参で来た方もいましたし、
うつ病に悩む方も多くいました。
 
基本的には、まず話を聞いて
思いを出し切ってもらった後で、
少しだけ話をするのですが、
 
どんな話かというと
 
幸せの数を数えてみませんか?
 
と提案をします。
 
私たちは、不幸については、どんどん数える事が出来ます。
 
自分がどれだけ辛いか、
現状の不満、
相手への不満、
 
こんな思いは、自然にどんどん湧いてきます。
 
望んでもいないのに、その思いは
枯れずに湧き続けるのです。
 
 
ただ、幸せについては、
よく探さないと見つける事が出来ません。

 
ですから、
幸せだな、と思う事について数えてもらうようにしています。
 
不幸真っただ中の方は、
 
「幸せなんてないです。」
 
と言う返事の方もいますが、
よく探すとあるはずなのです。
 
幸せを「見つける」
 
と言いますが、
 
まさに、探して見つけなければいけません。
 
 
不幸を見つけるとは言わないでしょ。
 
 
 
例えば
 
生きている。
 
これも一つとして数えられます。
死んだら終わりですから、命があるっていうだけでも
幸せにカウントできます。
 
生きていると苦しい。
 
と不幸のほうにカウントしたら
生きているのは不幸ですが、
 
幸せのほうにカウントすれば
幸せに1ポイントです。
 
 
他にも
 
親がいる。
 
口うるさい親がいると思えば、不幸へのカウントですが、
自分の幸せのために心配してくれる親がいる
と思えば、幸せのほうのカウントに入ります。
 
これで2ポイント。
 
さらに、
屋根のある家に住んでいる。
 
狭い家だ、古い家だ、と思えば不幸ですが、
雨風から守ってくれる家がある
とすれば、さらに幸せにポイント追加です。
 
子供だましのようですが、
 
日々の暮らしの中で、
不幸だと感じている事も、裏返せば幸せの事である場合も多いのです。
 
明日の朝、起きて生きていた。
 
これだって幸せでいいと思うのです。
 
子供のころ、このまま寝て、目を覚まさずに死んじゃっていたらどうしよう・・・・・・と
不安で寝られなかった夜がありました。
翌朝起きて、
良かった!生きている!
と喜んだのを今でもよく覚えています。
 
朝が来るだけでも幸せなのです。
 
 
これは、下を見て自分はまだマシだ。
と言う思いではありません。
 
ただ純粋に、自分の良い所、幸せなところを数えるのです。
 
毎日毎日数えるのです。
 
不幸な部分、嫌な部分、腹の立つことは
数えなくても日々どんどん更新されます。
 
でも、幸せの部分は見えにくいのです。
 
毎日毎日数えていくと、
幸せを見つける事が容易になってきます。
 
 
これは、人間付き合いでの、相手の良い所
と置き換えてもいいと思います。
 
相手の嫌な部分は、すぐに目がつき
また印象に強く残ります。
 
でも、良い部分は、
探さないと見つからない場合もあります。

 
 
 
ここで
 
割り勘男。
 
割り勘の部分の、嫌な部分のみを見て判断する。
これでは、不幸に1ポイントです。
 
割り勘する行為だって
絶対悪なわけではありません。
 
何か事情もあるのでしょう。
 
数えなくても目に飛び込んでくる相手の嫌な部分。
 
そればかりを見て、この人は嫌だ、あの人は嫌だ。
どこかに王子様いないかなぁ。
 
では、見つかるはずもありません。
 
 
あの人は、どこが素晴らしいのだろう。
この人は、何が素晴らしいのだろう。
 
と、見えにくい部分を見つける努力をすれば、
 
今、目の前にいる人が、願っていた王子様なのです。
 
見つけにくい幸せを数えて、幸せになる。
見つけにくい相手の良い所を見つけていく。

 
探す努力をする人が、
 
幸せを「見つける」事が出来るのです。

Writer Profile

木宮 行志
木宮 行志Koushi Kimiya

お寺婚活「吉縁会」事務局長 / 龍雲寺副住職

浜松市の龍雲寺に入寺後、小学生100名のサマースクールや、世界の子どもにワクチンを送る万灯会など、社会貢献活動を行う。

2010年より、静岡県西部で費用をかけず、安心した出会いの場を提供しようとお寺での婚活「吉縁会」を地元の若手僧侶とはじめる。2015年からは東京、2016年からは名古屋・岐阜でも開催。現在、会員は4000名。成婚は80組以上と大きな成果を上げる。僧侶という立場で、独身世代と向き合い、多くの縁結びをお手伝いする。

永代供養・樹木葬・坐禅会紹介『龍雲寺』
寺コン・お寺婚活『吉縁会』

Back Number

その他のバックナンバー

ページトップ