楽しみ、楽しませ、ほんのちょっと楽になる

Vol.1018ハタラクさんの毎日

Vol.1018ハタラクさんの毎日 誰かが思ってくれているだけで。

2017.10.03

人は自分がここにいる、生きている意義を求めたくなる
生き物です。
というか、自分が自分であるということを
感じられるのも、他の誰かがいてくれるから。
それは家族であったり、友人であったり、
恋人であったり、パートナーであったり。
 
そう、誰かが、それも、ひとりでも十分なんです。
たったひとりが思ってくれているだけで、
毎日が幸せになって、毎日が楽しくなって、
毎日がうるおって、毎日が愛しくなって。
その積み重ねが人生となっていくんですよね。
 
大勢の人にもてたい願望。
それもわかります。
ただ、もてると、思われることは、似て非なるもの。
もてるは表層的というか、ノリというか、雰囲気というか。
思われるは、愛される、愛すること。
 
もてるために何かする、わたしのなかには
それはないんですよね。
わたしがああでもない、こうでもないと面倒くさい人間で、
弱くて、寂しがり屋で、わがままで、勇気がなくて、
そんなことも全部ひっくるめて、
まんまで思っていくれる人と縁あって出会って、
お互いが認め合って受け入れ合える。
つまり、つくるものでなく、なっていくものが素敵だなーと。
 
誰かが自分のことを思ってくれているのなら、
それだけで幸せ。
そんな気持ちで日々を重ねていきたいと思う秋の日でした。
 
 
 
思ってくれる、だから、わたしも思うんじゃなくて、
お互いに思い合える。
この感じ、とっても好きだす。


Relax & Enjoy♡

Writer Profile

河田実紀
河田実紀Kawada Miki

株式会社ハタラク社代表/編集者
大学卒業後、出版社に入社。主に雑誌の編集に携わる。2011年、女性雑誌の編集長に就任。2013年5月独立。大好きな編集の仕事を軸に、今の時代だからこそできる出版の力を見出そうと、「一度きりの自分の人生、楽しんで生きる!」と決め、一歩を踏み出す。2014年12月22日に(株)ハタラク社設立と同時に、WEBマガジン『ハタラク』を開設。

Back Number

ページトップ