楽しみ、楽しませ、ほんのちょっと楽になる

Vol.942ハタラクさんの毎日

Vol.942ハタラクさんの毎日 阿久悠先生。

2017.07.19

最近、いろいろなところで作詞家の阿久悠先生の特集が組まれている印象を受けます。
阿久悠さんは、先生と言いたいほど大好きな作詞家です。
 
ようやく物心がついたちびっこのとき、「なんだ、この歌は!?」と衝撃を受けたのが、ちあきなおみさんの『喝采』でした。
作詞は阿久悠先生。
そこからです、わたしが阿久悠先生のつくる歌に夢中になったのは。
 
もちろん当時は、自分が好きな歌が、阿久悠先生が手掛けているものが多いなんて気づくわけもなく・・・大人になって、先生のベスト盤が発売されて、それで気づいたんです。
「わたしが好きな歌ばかり」
 
先生の詩の世界は、昭和の濃厚で深くてどろどろして、人間くさいドラマがたくさん詰まっている感じがします。
すべてに陰陽があるというような・・・。
 
あれだけの詩を生み出せる人は、それだけの情熱や情念を持っているのですよね。
まさに才能です。
 
豊かな才能は時代を超え、残っていくということ。
やっぱり阿久悠先生は素敵です。
 
 
 
才能ある人はあっという間にこの世からさよならをするだすな。
それもまたかっこいい。


Relax & Enjoy♡

Writer Profile

河田実紀
河田実紀Kawada Miki

株式会社ハタラク社代表/編集者
大学卒業後、出版社に入社。主に雑誌の編集に携わる。2011年、女性雑誌の編集長に就任。2013年5月独立。大好きな編集の仕事を軸に、今の時代だからこそできる出版の力を見出そうと、「一度きりの自分の人生、楽しんで生きる!」と決め、一歩を踏み出す。2014年12月22日に(株)ハタラク社設立と同時に、WEBマガジン『ハタラク』を開設。

Back Number

ページトップ