楽しみ、楽しませ、ほんのちょっと楽になる

Vol.931ハタラクさんの毎日

Vol.931ハタラクさんの毎日 しかる。

2017.07.08

移動で電車に乗っていたときのことです。
電車の遅延の影響もあり、車内が混雑していました。
わたしはドア近くのつり革につかまっていました。
そして近くには50代後半のサラリーマン風の男性と、妙齢の女性が立っていました。
 
そこに女子中学生ふたりがものすごい勢いで、車内に入ってきました。
入ってきたというより、飛び込んできた感じ。
その勢いで先の男性の背中にガーンとぶつかったんです。
「ごめんなさい」もなく。
 
すると先の女性が、意図的に大きな声で独り言を言いました。
「まー、ぶつかってひどい」
女子中学生ふたりは無視。
 
次に女子中学生のうちのひとりが、着ていたカーデガンを脱ごうとしたとき、思い切り腕が先の男性の背中にぶつかりました。
それでも彼女は無視。
 
見かねた先の女性が彼女に言いました。
「あなたさっきから、この男性に迷惑ばかりかけているわよ。
どう思っているの」
 
すごい、わたしには言えないことを女性ははっきりと言っている・・・。
女子中学生は「すみません、はい、すみません」と、女性に謝りました。
謝る先が女性ではなく、本当は男性なんですけどね・・・。
 
小さいころ、いたずらや悪いことをすると、近所のおじさんやおばさんにしかられたことを思い出しました。
 
人を叱るって、なかなか・・・ですよね。
 
 
 
「しかれる人になりたいのか?」と聞かれると、なんとも言えないだすな。
だって、しかれるほどの度量がまだまだわたしには・・・だす。


Relax & Enjoy♡

Writer Profile

河田実紀
河田実紀Kawada Miki

株式会社ハタラク社代表/編集者
大学卒業後、出版社に入社。主に雑誌の編集に携わる。2011年、女性雑誌の編集長に就任。2013年5月独立。大好きな編集の仕事を軸に、今の時代だからこそできる出版の力を見出そうと、「一度きりの自分の人生、楽しんで生きる!」と決め、一歩を踏み出す。2014年12月22日に(株)ハタラク社設立と同時に、WEBマガジン『ハタラク』を開設。

Back Number

ページトップ