楽しみ、楽しませ、ほんのちょっと楽になる

Vol.1298ハタラクさんの毎日

Vol.1298ハタラクさんの毎日 攻めるか、守るか。

2018.07.10

景気がいいとは言われていても
なかなかそこまで実感できないとき、
それも個人ではなく、会社の経営として実感できないとき、
さてどうするか。

現在、細々ながらも自分の会社を経営し、
その立場だからこそいろいろな会社の姿勢をうかがうことができます。
大きく分けると、攻めの姿勢か、守りの姿勢か。

攻めの姿勢とは、
経営状況が悪いときこそ、新しい展開を模索したり
新しい活路を見出す。
投資をしたり、人材を投入するなどの勇気を持った
行動に出る。

守りの姿勢とは、
経営状態が悪いので、新しいことに挑戦はせず、
今までのものを固守する。
極力資金が外に出ないように、経費削減、
コスト削減に努める。


どちらが正しい、間違いではなく
あくまでも経営者がどちらの姿勢を選ぶかです。

吉と出るか凶と出るか。
このご時世、やってみないとわかりません。
ただひとつ言えるのは、どちらが自分にとって
ワクワクするか、光を感じるか。
そんなふうに思います。



今よりちょっとだけ先を見つめる。
これ、意外とポイントだったりするだす。



Relax & Enjoy♡

Writer Profile

河田実紀
河田実紀Kawada Miki

株式会社ハタラク社代表/編集者
大学卒業後、出版社に入社。主に雑誌の編集に携わる。2011年、女性雑誌の編集長に就任。2013年5月独立。大好きな編集の仕事を軸に、今の時代だからこそできる出版の力を見出そうと、「一度きりの自分の人生、楽しんで生きる!」と決め、一歩を踏み出す。2014年12月22日に(株)ハタラク社設立と同時に、WEBマガジン『ハタラク』を開設。

Back Number

ページトップ