BS朝日×ハタラク×GINGER 演出家・宮本亜門さんと感じるブータンの旅 幸せの尺度って、なんですか?

Intro

「生きるってどういうことだろう?」「幸せってなんだろう?」
そのヒントがあるのではと、宮本亜門さんとブータンをおとずれました。

10泊 11日のブータンの旅。
その旅はあまりにも新鮮で、あまりにも清々しくて・・・・・・。

今回の旅で、素晴らしい贈り物を、たくさんもらいました。
それらをぜんぶ素直に届けます。
それが、WEBマガジン・ハタラクだからこそ、できることだと思ったので。

全20回のブータンストーリー。
毎週日曜日に更新中。

あなたもブータンをとおして、幸せを、生きることを、感じてください。

カディン チェ ラ(どうもありがとう)!!

Story.13

12月22日

お釈迦様も自分も自問自答。

シムトカゾン、少年僧プムくんとの出会い、タクツァン僧院詣でと、パロでの濃厚な時間を過ごしたわたしたちは、次なる目的地、車で約4時間のプナカへ。

プナカは1955年にティンプーが首都になる前までの約300年間、首都があった歴史ある街です。そしてプナカを代表するお寺『プナカゾン』に向かいます。

『プナカゾン』は、“ブータンでもっとも美しいゾン”と言われ、パロの『シムトカゾン』に次いで二番目につくられた古いゾンです。現在はプナカ県の県庁としての政治的機能を持ちながら、第五代国王の結婚式も行われた、重要な場所でもあります。

父川(ポ・チュ)と母川(モ・チュ)の合流点に建つ『プナカゾン』の神々しさに酔いしれながら、わたしたちは歩みを進めます。
2008年に再建された、ブータンの伝統様式を取り入れた屋根つきの橋を渡り、中庭に。そこには大きな菩提樹がお出迎え。

13_img01.png

『プナカゾン』を見つめる亜門さん。周囲を川と山に囲まれた美しいゾンにため息しか出ません。

ゾンのなかを進んでいくと、仏様や、宇宙をイメージした壁画が表れます。そして仏様が御本尊の大きな講堂(キュンレイ)を拝観。撮影はできない神聖な場所です。
「こちらはお坊さんの朝礼や儀式を行う場所。第五代国王の結婚式もこの講堂で行ったんですよ。ティンプーが首都でも、国の儀式は必ずここでやります」と、ガイドのディケさん。続いて、講堂内に描かれたお釈迦様の一生の話を聞きました。

13_img02.png

ディケさんが、壁画に合わせて説明してくれたお釈迦様の生涯を、シンプルに紹介しますね。
「お釈迦様は釈迦族の王(ガウタマ・シッダールタ)として誕生し、生まれてすぐに七歩歩き、『天上天下唯我独尊』と説いたそうです。
お父様の王様は、ガウタマ・シッダールタに『次の王様になってほしい』と願っていましたが、彼は望んでいませんでした。それを心配した王様が占ってもらったところ、『この方は王様でなく、世界の特別な人間になる』と。
それでも王様は『彼にどうしても王様になってほしい』と願い、ガウタマ・シッダールタに王様の生活の勉強をさせるためと言って、華やかな宴や楽しいことを次々に体験させ、城外に出かけないようにしむけたのです。

しかし、ガウタマ・シッダールタは、世の中を知ろうとお城から抜け出し、四つのことを知りました。生まれること、年をとること、亡くなること、病気になること。そして彼はカルマ(業)というものに気づいたのです。

その後、奥さんと子どもをお城に置いて悟りの道に入り、何も食べず、何も飲まず、瞑想をし続けたガウタマ・シッダールタ。そして凄くやせてしまって・・・・・・そんなときに、スジャータという女性が現れ、ミルクとごはんをお供えしました。
しかしそれを食べたら、お腹を壊してしまった。でもそのスジャータの優しさの“思いやりの力”で安心したことで悟りを開くことができたと、いわれています。つまり苦行だけでは悟れなかったんですね。

悟りを開いた後も、悪い魂とか悪魔など、さまざまな困難に見舞われながらも、お弟子さんたちに仏教を教えました。そして涅槃に入ります。みんなが泣いて、悲しがりました。その後、お釈迦様の火葬をしたところ、大勢の人たちが集まってきました。その中のひとりのお坊さんが『みんなで仲良くしよう』と言い、お釈迦様の骨をそれぞれに分け、それが仏舎利として現在も世界中に存在しているのです」

13_img03.png

ディケさんのお釈迦様の生涯の話を聞き、『プナカゾン』の荘厳な空気のなかで、さまざまな思いが亜門さんの中で湧いてきました。

「僕は仏陀が苦行をしたから、清貧だから悟ったと思っていただけに、スジャータの存在がいたことで、人と係ることで悟りを得たというシーンがとても新鮮でぐっときたな。
彼の人生は史記や小説、マンガと沢山読んだけど、そこの部分がこれほど意味があって、現代人にも説得力があるとは思わなかった」。

さらに、今、このわたしたちがいる状況と、お釈迦様の状況が重なる部分もあるのではと、続ける亜門さん。

「今の我々は、すべてに物が溢れていているだけに、
『何が人間に最も大切なことなのか』が、分かりにくい。
それと同じで、仏陀は生まれた家が王族で、すべてに物が溢れて、欲も溢れ、自分が手に入れようと思ったら何でも手に入る中で生まれた。それなのに、それをあえて自分で断ち切り、自問自答のために、自分の心と本質を探るために葛藤をはじめたんだね。

『人間にとっての本当の幸せとは何か』。これって、世界のほとんどの国や政府が資本主義を信じきっている今、ブータンの国王がそこに行かず、真摯に向き合っている様は、まさに同じだよね」。

ブータンに脈々と流れる仏教観に深く触れる時間のなかで、亜門さんの感動がさらに膨らんでいくのが感じられました。

カディン チェ ラ!

このホテルに宿泊!!

DHENSA Boutique & Resortsデンサ・ブティック&リゾーツ

2013年にオープンした五ツ星ホテル。ブータン出身のシェフが腕を振るうレストラン、設備が充実したスパも魅力。
朝、昼、夜でまったく違った表情を見せる、自然の中に溶け込むホテルの佇まいは言葉にできないほどの美しさです。
静寂の中、自分を静観するには最適なホテルです。

13_img04.png

(左上)日がだんだん落ちてきて、ホテルもさらに美しさを増して。(右上)シンプルで使いやすい部屋で、一日の疲れも癒される。(右下)敷地内に建てられたスパは、平和の意味を持つ「キブ」と命名。トリートメントルームはもちろん、ヨガルームなども完備。(右下)ブータン人の若きシェフがつくるブータン料理には、日本や欧米のエッセンスも感じられる。

●デンサ・ブティック&リゾーツ
http:// www.dhensa.com
※こちらのホテルは公定料金に加え、追加料金の支払いが必要です。詳しくは利用される旅行会社にお問合せください

ハタラクは見た!!

キラキラの子どもたち。

ブータンでとて印象的なのが、子どもたちの表情です。くったくのない笑顔も、ちょっとはにかんだ顔も、何かに夢中になっている顔も、どの顔にも輝きがあります!
説明はいりませんね。彼らのキラキラフェイスをご覧ください!!

13_img05.png
宮本亜門

宮本亜門AMON MIYAMOTO

演出家
1958年1月4日生まれ 東京都出身
ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。
http://amon-miyamoto.com/jp/

BS朝日×ハタラク×GINGER 演出家・宮本亜門さんと感じるブータンの旅 幸せの尺度って、なんですか? の目次

Story01 12月15日
出発。じらされてブータン。
Story02 12月16日
なぜかバンコク!?そしてなぜ、ブータン?
Story03 12月17日 前編
ブータンの地に一歩。
Story04 12月17日 後編
生かされている感覚。
Story05 12月18日 前編
大きなビジョンのなかの、今の一瞬。
Story06 12月18日 後編
なにが幸せかは、まだわからない。
Story07 番外編
亜門さん、死って怖いですか?
Story08 12月19日
宇宙と向き合える場所。
Story09 12月20日 前編
魂が宿る場所。
Story10 12月20日 後編
クリーンにリボーン!
Story11 番外編
亜門さん、今のブータンについて話しませんか?
Story12 12月21日
生きてることが幸せ。
Story13 12月22日
お釈迦様も自分も自問自答。
Story14 12月23日 前編
焦らず、一緒に幸せの国にしていこう。
Story15 12月23日 後編
変わらずにある、大切な何か。
Story16 番外編
亜門さん、今は死をどう感じますか?
Story17 12月24日 前編
ブータンは新しい国!
Story18 12月24日 後編
ブータンの勇気。
Story19 番外編
亜門さん、GNH委員会の人と話しませんか?

ページトップ