BS朝日×ハタラク×GINGER 演出家・宮本亜門さんと感じるブータンの旅 幸せの尺度って、なんですか?

Intro

「生きるってどういうことだろう?」「幸せってなんだろう?」
そのヒントがあるのではと、宮本亜門さんとブータンをおとずれました。

10泊 11日のブータンの旅。
その旅はあまりにも新鮮で、あまりにも清々しくて・・・・・・。

今回の旅で、素晴らしい贈り物を、たくさんもらいました。
それらをぜんぶ素直に届けます。
それが、WEBマガジン・ハタラクだからこそ、できることだと思ったので。

全20回のブータンストーリー。
毎週日曜日に更新中。

あなたもブータンをとおして、幸せを、生きることを、感じてください。

カディン チェ ラ(どうもありがとう)!!

Story.02

12月16日

なぜかバンコク!?
そしてなぜ、ブータン?

旅:2日目
12月16日、バンコクに一泊することになったわたしたちは、ブータンへの思いをはせながら、それぞれのバンコクを過ごしました。

もちろん、翌日の早朝出発のドゥルックエアーに搭乗するため、余念はありません。
今回、お世話になっているブータン政府観光局の現地滞在スタッフ松尾茜さん(当時)に奔走していただきながら、わたしたちスタッフは、バンコク・スワンプナーム空港にホテルから再度出向き、明日の搭乗口のロケハンまでするという念の入れようでした(汗)

02_img01.png

空港ロケハンの帰り道。タイのクミポン国王も優しく微笑んでくれている気がして。

わたしは、バンコクでの夜、今回の旅にいたるまでのあれやこれやを思い出していました。

そもそも、なぜ宮本亜門さんとブータンなの? そんな疑問がうかんでいる人も多いでしょう。ちょっと話はさかのぼります。

亜門さんが演出家として一躍脚光を浴びていたころ、わたしは新人編集者でした。今から20年以上も前のことです。そのときに、初めて亜門さんに取材をさせていただいたことがきっかけで、いろいろなお仕事をご一緒させていただいたり、書籍をつくらせていただいたりと、ご縁をいただきました。

そんななかで、亜門さんがとても真剣に生きている人だということを感じ、あの3.11の震災以降、人間としての本質、生きること、幸せについて、たくさんの話をうかがい、させてもらうようになりました。

わたし自身が会社のなかではたらくということで、深く悩んでいた時期とも重なり、亜門さんの本質で生きるという話から、どれほど勇気をもらったか知れません。

そして時は過ぎ、2014年夏。ブータン政府観光局から、旅行会社、マスコミ関係者向けの「ブータン初級セミナー」のお誘いメールをいただきました。
参加してみたところ、凡庸としていたブータンのイメージが、どんどん深く広がっていき、直感的に「この国に行く! この国を取材したい! ブータンにはとんでもない生きるヒント、幸せのヒントがある気がする。一緒に取材に行っていただくのは、亜門さんしかいない!」と、決めていました。勝手に(笑)

即、日本のブータン政府観光局に連絡をとり、亜門さんにも意向をうかがい、このブータン企画がスタートしたというわけです。

しかも亜門さんのマネージャーKさんのはからいで、BS朝日の番組制作会社のYさんを紹介してもらい、雑誌GINGERともご縁をいただき、わたしが、もともとやりたかった、あらゆる媒体と組んでの立体的な編集まで実現させてもらえた、夢のような企画が実を結んだのでした。

でも、まさか、このバンコクで一泊するということは、それこそ夢にもみておらず(汗)

このように、いくつものステキなご縁とタイミングで、ブータン取材が敢行することとなりました。

02_img02.png

明日こそ、この飛行機のように大空に羽ばたいてブータンへ向かいます! かならずや! 

感動の(?)ブータン到着は、Story3へとつづきます。

カディン チェ ラ!!

ハタラクは見た!!

ブータンの基礎知識

わたしたちが、ブータンに到着する前に、ブータンについての基礎知識を少々。
ヒマラヤ山脈南麓の小王国であるブータンは、九州とほぼ同じ面積です。
日本からの直行便はないので、タイなど第三国での乗り継ぎが必要。
タイからパロ(ブータン)までのフライトは3〜5時間かかります。
ブータンは、GNH(国民総幸福量:Gross National Happiness)という独自の考え方を国家指標として打ち出したことから、世界中から注目されるようになりました。
そして、ブータンの旅は政府が直接管理していて、旅行会社を介しての旅となります。今回のわたしたちの旅も、もちろんそうです。
また、ガイド、移動用の車、ホテル、食事などがパッケージとなった公定料金制度がとられ、料金は原則一日250ドル(月、人数などに各種割引、割増あり)。
先のガイドが、滞在中の移動や宿泊、食事の手配などすべてを行い、現地旅行会社が用意するドライバーと車で移動します。
治安はよく、2011年に第五代ブータン国王・王妃来日以降、日本人観光客も増加。
さて、肌で感じるブータンはいかに・・・・・・!?

02_img03.png
宮本亜門

宮本亜門AMON MIYAMOTO

演出家
1958年1月4日生まれ 東京都出身
ミュージカル、ストレートプレイ、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として国内外で幅広い作品を手がけている。
http://amon-miyamoto.com/jp/

BS朝日×ハタラク×GINGER 演出家・宮本亜門さんと感じるブータンの旅 幸せの尺度って、なんですか? の目次

Story01 12月15日
出発。じらされてブータン。
Story02 12月16日
なぜかバンコク!?そしてなぜ、ブータン?
Story03 12月17日 前編
ブータンの地に一歩。
Story04 12月17日 後編
生かされている感覚。
Story05 12月18日 前編
大きなビジョンのなかの、今の一瞬。
Story06 12月18日 後編
なにが幸せかは、まだわからない。
Story07 番外編
亜門さん、死って怖いですか?
Story08 12月19日
宇宙と向き合える場所。
Story09 12月20日 前編
魂が宿る場所。
Story10 12月20日 後編
クリーンにリボーン!
Story11 番外編
亜門さん、今のブータンについて話しませんか?
Story12 12月21日
生きてることが幸せ。
Story13 12月22日
お釈迦様も自分も自問自答。
Story14 12月23日 前編
焦らず、一緒に幸せの国にしていこう。
Story15 12月23日 後編
変わらずにある、大切な何か。
Story16 番外編
亜門さん、今は死をどう感じますか?
Story17 12月24日 前編
ブータンは新しい国!
Story18 12月24日 後編
ブータンの勇気。
Story19 番外編
亜門さん、GNH委員会の人と話しませんか?

ページトップ